銀行でお金を借りる際に必ず必要になるのが本人確認書類です。
本人確認書類は、自動車やオートバイなどの運転免許証を初め、健康保険証、パスポート、住民基本台帳などになり、申込書に記載されている氏名や住所と一致しているか否かを確認する目的で提出が必要になります。

例えば、本人に偽り第三者が勝手に申し込みを行った場合、お金を使うのは第三者であり、本人は知らないうちに借金を作ってしまう事になります。

しかし、本人確認書類を提出することで申し込み者本人が行っている事を確認することが出来ると言う事です。

自動車やオートバイなどの運転免許証を持っている人と持っていない人がいるため、住所が記載されていて、公的機関が発行した健康保険証などでも良いのが特徴です。

また、一定額以上の金額を銀行でお金を借りる場合、年収証明書類の提出が必要になります。
サラリーマンの場合の年収証明書類は源泉徴収票や直近の給料明細書、個人事業主の場合は確定申告書や納税証明書と言った書類の写しが必要になります。

銀行により年収証明書の提出が必要になる金額が異なるため、銀行でお金を借りる時、利用限度額が幾らになると年収証明書類が必要になるのかを確認しておくのがお勧めです。

銀行の中にはアルバイトをしている学生や専業主婦も利用可能なカードローン甘い審査を用意している事が在りますが、学生の場合は学生証、専業主婦の場合は配偶者との婚姻関係を証明することが出来る書類が必要になるケースも在ります。

Comments are closed.