銀行でお金を借りるために必要な書類

銀行でお金を借りる際に必ず必要になるのが本人確認書類です。
本人確認書類は、自動車やオートバイなどの運転免許証を初め、健康保険証、パスポート、住民基本台帳などになり、申込書に記載されている氏名や住所と一致しているか否かを確認する目的で提出が必要になります。

例えば、本人に偽り第三者が勝手に申し込みを行った場合、お金を使うのは第三者であり、本人は知らないうちに借金を作ってしまう事になります。

しかし、本人確認書類を提出することで申し込み者本人が行っている事を確認することが出来ると言う事です。

自動車やオートバイなどの運転免許証を持っている人と持っていない人がいるため、住所が記載されていて、公的機関が発行した健康保険証などでも良いのが特徴です。

また、一定額以上の金額を銀行でお金を借りる場合、年収証明書類の提出が必要になります。
サラリーマンの場合の年収証明書類は源泉徴収票や直近の給料明細書、個人事業主の場合は確定申告書や納税証明書と言った書類の写しが必要になります。

銀行により年収証明書の提出が必要になる金額が異なるため、銀行でお金を借りる時、利用限度額が幾らになると年収証明書類が必要になるのかを確認しておくのがお勧めです。

銀行の中にはアルバイトをしている学生や専業主婦も利用可能なカードローン審査を用意している事が在りますが、学生の場合は学生証、専業主婦の場合は配偶者との婚姻関係を証明することが出来る書類が必要になるケースも在ります。

お金が借りたいと思ったときにカードローンを利用したときの体験談

お金借りると思ったときに、最初にひらめいたのが銀行に出向いて、「融資してもらえるかどうか交渉しなければ」ということでした。でも、お金が借りたい理由は、単に生活費が足りないというものだったので、「門前払いになるかもな」と不安でもあったのです。私には、担保となるような資産はないですし、誰かに保証人を頼むのも気が引けます。
そんな時、「お金が借りたいなら、カードローンに申し込めば簡単だ」と友人に勧められたのです。カードローンというのは、いわゆるキャッシングでATMから好きな時に好きなだけ引き出せ、しかも使い道は自由だというのです。
さらに驚いたのが、インターネットで完了できるという部分です。来店せず、印鑑なんかもいらず、あっという間に審査が済むことを知りました。「でも、カードが届くのに時間がかかるだろうし…」と思っていたら、銀行口座に直接振り子身が可能だとか。そこで、早速申し込んでみると、なんと45分後にはお金が自分の口座に振り込まれたのです。びっくりするほどの速さと簡単さで、本当に驚きました。
私の利用した金融業者では、もとめられたのは運転免許証だけです。会社に在籍確認の電話があり、その後運転免許証の写メを送ると審査が完了、カードローンが利用できるようになりました。
もし、「お金が借りたいけれど、一体どうしてもいいか分からない」と途方にくれている場合は、カードローンに申し込んでみるのをお勧めします。

主婦がキャッシングをする理由

主婦がキャッシングをする理由というのは様々なものがありますが、ひとつは家計のやりくりができずにお金を借りるというパターンが有ります。
生活費がなければやっていくことができませんから、この場合には背に腹を代えることができずにお金を借りるというケースになります。
恒常的に利用をしているケースもあれば、たまたま出費が重なってしまって赤字になってしまったことでお金を借りるというケースも有り一概に常に金欠なのかどうかというのははっきり言えるものではありません。

別の理由としては自ら収入がない主婦などが、贅沢をしたいと思った時にモビットなどキャッシングを利用するというケースも有ります。
専業主婦などの場合には、お小遣い程度しか収入がないので大きな買い物をしようとした時にお金を用意することができません。
家計の中からそのようなお金を捻出するというのは、夫にバレてしまうという考えからお小遣いの範囲で返済をすることができる金額をキャッシングしてそれを元に贅沢をするというケースも有ります。
あまり褒められた理由ではありませんが、お小遣いの範囲で十分に返済をすることができるのであれば前借りをしているようなものですから、そこまで問題がある行為というわけではありません。

どのような理由にしても主婦がお金を借りたいと思う時には、夫にバレないように借りたいと考える人が多いため、家計の中から捻出しようとするのではなくお金を借りることができるサービスを利用する傾向にあります。

アコムはボーナス払いは可能?

サラリーマンの方にとって、ボーナスの臨時収入は、とても嬉しいものです。
最近では、パートやアルバイトでも、ボーナスが支給される先も出てきています。
そんな、ボーナスを貴方ならどのように使いますか?

キャッシングなどの融資を利用している方であれば、ボーナスを返済の一部に充てる方も多くいらっしゃるでしょう。
ボーナス併用払いであれば、年2回にまとまった金額を返済することになります。
まとまった金額の返済は、その分早く返済が終わることにつながり、利息支払いの負担の軽減にもなります。

しかし、アコムのキャッシングは、残念ながら、ボーナス併用の返済は選択できません。
毎月均等のリボ払いだけであり、これは、マスターカードのショッピングでも同様です。
仮に、「ボーナス払いOK」と書かれたステッカーが貼ってあるお店でショッピングを行っても、すべてリボ払いになってしまいます。

そこで、アコムの利用者は、ボーナス月の返済は、毎月分の返済に加えて、支払うという方法を取ることになります。
例えば、毎月1万円の返済で、ボーナス時に追加で5万円を返済する、という方法が可能です。
これであれば、ボーナス併用方式と異なって、自分で追加の金額を決定することができます。

ボーナスの金額は、勤務先の業績などに大きく左右されます。
その点、自分で返済に充てる金額を自由に決めることができるということは、メリットであると言えるのではないでしょうか。
ボーナスを上手に返済に回して、金利支払い負担を軽減するようにしていきましょう。

カードローン おすすめ